季節の変わり目で体調を崩すことはよくあることで、特に喉や気管など呼吸に関する部分の不調を来すことが多い。知人の気管支喘息もちは定期的に発作が生じ、風邪をこじらせることも多々ある。

 

体調をくずしたときの対処も大事だが、体調を崩さないようにすることの方が大事かと思う。体調変化は早くから感じとれるものなので、いつもよりも眠る時間を早めする。うがいを欠かさない。

 

食事は栄養の高いものを摂るようにするなどである。栄養の摂り方も多々あるが、温かいものを中心に、喉に負担のかかるような辛いものは避けるようにする。

 

 

接待などでそれが避けられない場合は、ビタミン剤などサプリメントを使用して栄養補給に努めるようにする。

 

 

併せて水分摂取を多めにして喉が乾燥しないようにしている。

 

 

体調を崩してしまった場合、それを回復するだけの新陳代謝の活性化とそれに要する細胞成分の材料の補給とエネルギーが備わっていることが重要だと思う。

 

 

そのためにはしっかりと食べて寝て細胞成分の材料を補給しつつカロリー・エネルギーも得ること、水分摂取で血液を常にサラサラしてエネルギー運搬を潤滑に行うことが大切だろう。

 

 

これらを効率的に得られる食品・飲料があるとさらに安心である。

 

季節の変わり目に体調を崩した時の対処法

 

季節の変わり目はとかく体調を崩しやすいものです。

 

 

これは気温の上下が激しく安定しないことによって、体がその大きな温度変化についていけなくなり免疫低下などを招いてしまい風邪を引きやすくなったり頭痛や倦怠感などの体調不良を引き起こすのです。

 

 

こういった季節の変わり目の不調を起こしてしまった場合は、とにかくまずはビタミンなどをしっかりと補給してあげることが一番です。

 

 

そして睡眠をたっぷりと取り、栄養バランスの取れた食事をしっかり食べることで低下した免疫力アップに繋げ体調の回復に努めることが重要です。

 

 

毎年決まった時期に体調を崩すという人は、あらかじめその時期に近づいてきたら、しっかり栄養をとったりビタミンサプリなどを飲み始めるなど予防策をきちんと講じてあげると季節の変わり目の温度変化にもしっかり体がついていけるようになります。

 

 

ですから体調不良を予防することに重点を置いて日々過ごすことが非常に役立つはずです。

 

あとですが、栄養補助食品を摂取するのもおすすめです。なぜなら、普段から意識していないような栄養成分を体内に取り込むことができるからです。

 

だから、ブロリコといったサプリメントで体調を崩すのをいち早く予防したり改善する事が大切です。

 

 

 

季節の変わり目に対する体調不良の改善方法

 

季節の変わり目は毎日寒暖差が激しく、しょっちゅう風邪をひいています。風邪をひきやすい私は、自分なりに風邪に対する対処法を思いつきました。対処法は2つあります。

 

 

1つ目は、日ごろからビタミン接種をすること。ビタミンは種類が多いので食品からだとなかなかすべてをまんべんなく摂取することができません。

 

 

ビタミンレモンなどドリンクタイプを試したことがありますが、価格などを考えるとなかなか毎日継続して飲むことができません。

 

 

ですが、サプリメントタイプだと効率よくビタミンを取ることができます。ビタミンCだけではなく、免疫力を向上させるビタミンDやビタミンEを補うことができます。

 

 

風邪をひいたときはもちろんのこと、風邪をひく前から日常的に摂取することで、ひきにくい体を作ることができます。

 

 

2つ目は、ポカリスエットを飲むことです。

 

 

体調が悪いときは、何も食べたり飲んだりしたくありません。

 

 

以前、風邪をひいたときに嘔吐と胃のむかむかで何も食べずにいたところ、どんなに寝ていてもまったく良くなりませんでした。

 

 

しかし、夫が買ってきてくれたポカリスエットをコップ1杯飲んだら、たちまち体調がよくなったことがあります。

 

 

それ以来、どんなに具合が悪くてもポカリスエットだけは飲むようにしています。

 

 

季節の変わり目は体を壊しやすいものです。だからこそ、私はビタミンとポカリスエットが大事だと思います。

 

 

季節の変わり目に対策していること

 

私は自律神経失調症を抱えていることから、季節の変わり目は毎回といっていいほど体調を崩します。

 

 

かつては仕方のないことだと思ってあきらめていたのですが、最近ではかかりつけ医から漢方薬を処方してもらうことで体調回復をしています。

 

 

漢方薬は胃腸に関するもの精神の不安定に関するものまでさまざま出してもらい、服用して1週間もすればだいたい症状は落ち着いています。

 

 

もともと自律神経失調症であることから、これらの漢方薬を普段の治療薬として服用してもいいと言われてはいるのですが、費用がかかる上に副作用も少なからずあることから季節の変わり目にあたる6月や9月に飲むようにしています。

 

 

漢方薬は原因がわからない症状には特に適しているものであり、飲むだけで安心感を得られることからなおさら季節の変わり目の体調不良を抑えられるのだと思っています。

 

 

今は育児中ということもあり、季節の変わり目の体調不良程度では休むことも不可能であることから、もうしばらくは漢方薬の世話になりたいと思っています。

 

 

冬から春に変わるときに体調を崩しました

冬から春になるときに体調を崩しました。

 

 

花粉症もあって、鼻水もでるし、寒かったり、あったかかったりして風邪をひいてしまったりして、しんどかったです。

 

 

とりあえず、鼻水の鼻炎薬を飲んで、風邪と花粉症をのりきりました。鼻炎薬は、朝飲むと眠くなってしまうから、夜寝るときに飲んでました。

 

 

夜寝るときに飲むと次の日にも少し効くから鼻水があまりつらくなかったです。

 

 

季節のかわりめは、温度差が激しいから本当に風邪をひきやすいです。夜は、暖房を入れて寝たり注意しています。服装も難しいですが寒いときは、マフラーをまいたり厚着すると風邪をひきにくいです。

 

 

風邪をひくとしんどいから、本当に季節のかわりめは、体調管理にきをつけないといけないなーと思います。

 

 

朝と昼と晩でかなり温度差があるから、温度に合わせて服装や、エアコンを調節するようにしています。

 

 

体調管理大変ですが、季節のかわりめはとくに気をつけていこうと思います。花粉症と風邪が本当にしんどかったです。